dumbbell_128px_1195072_easyicon.net
Toggle

話題書

スポンサードリンク

内海聡医師の食事法を本で読んだので簡単に感想まとめたよ!

内海聡医師の食事法を本で読んだので簡単に感想まとめたよ!

出典;Amazon

 

こんにちは、管理人さんです。

今回は『1日3食をやめなさい!』

を読んだので管理人の感想を書いていきます。

 

あなたがこの本を買うのか迷っているなら、

購入の際の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

感想

 

この本を読んだ感想を簡単に申し上げます。

 

『確かに!この人の言っている事は間違ってないな!』

という感じです。

 

というのも、

内海聡医師が本書で述べる食事法を簡単に説明すると、

『自然由来の食べ物を食べなさい』

ということなのですが、

 

確かに、私たちの周りにある食べ物って

不自然なものが多いですよね。

 

例えば、缶詰だったりお菓子、

あれってよく考えると気持ち悪いですよね。

 

時間が経つと腐るべきものが

人間の手によって腐らないように、

添加物が大量に投入されているわけですからね。

 

でも、日本人は長生きしてるじゃないか!

と思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、

 

昔の人たちの死因にはガンがほとんどなくて、

当時は外部要因によるものが多かったんです。

 

例えば戦争や事故・公害だったりですね、

 

現代では長生きはしているものの、

車椅子や寝たきりなんて状態もザラですよね。

 

その原因は不自然な食べ物による健康被害が可能性であるというのは

完璧に否定はできないですよね。

スポンサードリンク

食事法はこんな感じ

 

1日3食をやめる理由というのは、

現代では悪質な食べ物を完璧には排除できないので、

できるだけ体にそういった悪質な食べ物を入れない為です。

 

悪質な食べ物とは、

精製あるいは加工された食べ物です。

 

例えば、

玄米は古来から伝わる健康食なのですが、

美味しさを求めるあまり、その玄米を精米して白くしてしまいました。

 

これによって、玄米の持つ栄養は全て失われました。

 

その代わりに生まれた白米は栄養の無い、

ただの糖質の塊となってしまいました。

 

本書では、こういった内容に加えて、

科学的な根拠も明示されており、

かなり信頼できる内容となっています。

 

確かに、これまで普通に食べていた白米といった食べ物を

急に食卓から取り除くのは難しいです。

 

ですが、一度、こういうった知識を踏まえておけば、

生きている限り永遠に知識としてあなたの脳内に残ります。

 

生きている限り私たちは食事とは付き合っていかなければなりません、

”身土不二”という言葉が古くから日本のことわざとして伝わっていますが、

人間が便利さを求めて加工し、栽培しやすくなった野菜やお肉は

体に良いはずがないんです。

 

”何を食べるか”ではなくて、”何を食べ無い”か。

 

そういう考え方を本書では身につける事ができます。

 

食べる事は生きる事です。

 

ぜひ一度手にとって内容を確かめる事をお勧めします。

 

まとめ

 

結局は、加工されていない天然の物を取り入れるという事。

 

多少値段はかかるのは否定はできないが、

年を取ってから、通院してお金がかかるなら

多少の出費は目をつぶるべき。

 

一度、自分が食べている食べ物を

見つめ直す事が必要。

 

あなたにとって美味しい食べ物でも、

体はその食べ物を本当に欲しがっているのでしょうか?

 

一度、自分の欲望ではなくて、

体の声に耳を傾けてあげてくださいね。

 

ただ、管理人としては、

本の表紙の内海聡先生が肥満気味なのが気になったのは正直な感想です。

 

ですが内容はとても面白いです。

 

完璧にこの本の内容を実践できる方は少ないかもしれませんが、

『知っていてできない』のと『知らなくてできない』のとでは

雲泥の差が生まれてきます。

 

ここまで読んでくれた、健康意識の高いあなたには

ぜひ読んで欲しいお勧めの1冊ですね。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top