dumbbell_128px_1195072_easyicon.net
Toggle

ビジネス書

スポンサードリンク

超一流の雑談力の書評と要約をするよ!内容がアツい!

超一流の雑談力の書評と要約をするよ!内容がアツい!

画像出典先;Amazon

 

こんにちは、管理人さんです。

 

今日は書店でランキング上位に食い込んでいる書物を購入し読みましたので

あなたに紹介していきますね。

 

雑談系の書籍はたくさんありますが、

この作品はどうなのか、チェックしてみましょう。

スポンサードリンク

書評!

 

雑談系の書籍は何冊か読んできましたが、

この作品は一番良かったですね〜。

 

ちなみに過去には

  • 「1分間雑談法」
  • 「タモリさんに学ぶ 話がとぎれない 雑談の技術」

を読んできました。

 

今回読んだ、「超一流の雑談力」は

この2冊と比べて普通の内容です。

 

こう言ってしまうと変な聞こえになってしまうかもしれませんが、

雑談の超基本を押さえている、

という意味での普通なので決して批判しているわけではありませんよ。

 

雑談のコツはもちろん、

日常生活で使える練習方法も記載されていますので、

雑談の基本を身につけるにはうってつけの1冊ですね☆

 

人と何を話していいのかわからない、

雑談なんて時間の無駄と考えている、

そんな、あなたにオススメしたい1冊ですよ^^

スポンサードリンク


1分でわかる要約したよ。

 

さっそく簡単に要約しますので、購入の参考にしてみてください。

 

まず冒頭では雑談の定義ですね、

なぜ雑談が大切なのか、ということについて記しています。

 

そして、具体的な雑談方法と、

雑談が上手い人とそうでない人の違いを述べています。

 

そうでない人の雑談方法も記されているので、

自分がうっかり悪い雑談方法をしてしまっていたことにも

気がつける内容となっています。

 

ここが1番大切なことなのですが、

結局は雑談相手に対して”愛”を持って接していれば

目を見て話すことができますし、優しい表情で会話できるはずなんですよね。

 

ただ、それができないから困ってるんだ!

 

という声も聞こえてきそうですが、

この書籍は、そういった事も踏まえた内容構成となっていますので

少しでも雑談に苦手意識がある方は絶対に手にとって読んでみるべきですよ☆

 

個人的にアツいと思った部分

 

1冊読み通して個人的にアツいと思った部分なのですが、

外食してお会計をする際に、

 

「ありがとうございました。」

だけでなく、

「おいしかったです。」

 

の一言を加えるということです。

 

なぜこの部分がアツかったのかというと、

雑談とは相手を喜ばせることだという本質が

この言動に詰め込まれていると感じたからです。

 

こういう小さな行為に大きな意味が込められているんだな、

と感じさせられました。

 

とても面白い本でした。

 

さようなら!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top